NEEC日本まつげエクステコンテスト

2017年6月6日開催

競技概要

モデル部門

モデル部門概要

モデル部門とは

まつげエクステコンテスト風景 モデル部門はまつげエクステの業界で活躍される方々にとって日常に直結する最も高評価を目指すべき部門で、総合優勝への持ち点が最も高い競技です。「これくらいの誤差は気付かれないかな」。「時間がないからこれでいいかな」。そんな甘えや妥協に対して、どれだけ強い気持ちで立ち向かい、向上心を持ち続けて日々努力を続けているのか、そこが評価されます。お客様はみな上手な人にしてもらいたいものです。1本の妥協も許さない高い技術を持つということが、どれだけ強い武器となり、どれだけ価値を高めるか。誰もが追い求める、上位獲得を目標とすべき部門です。

競技説明

まつげエクステコンテストモデル部門 モデルに対して決められた時間内に、決められたスタイルを丁寧に、正確に、手際よく装着する競技です。 優勝(入賞)するには、あらゆる角度から技術が評価されますが、全ての項目で高得点を獲得する事が求められます。 優先される要素としてはクオリティ項目10:ビューティ項目9:ボリューム項目8の割合であり、 丁寧な1by1装着が最も重要視されます。特別賞は、項目ごとの最高得点者

モデル競技詳細

モデル部門の賞と審査項目

まつげエクステコンテスト優勝トロフィー

部 門 優 勝 :下記3項目の合計点数が最も高い選手が優勝
クオリティ賞:セパレート性の高い1by1装着
ビューティ賞:左右の方向性、上下の方向性と、全体の整列性等
ボリューム賞:装着本数による増毛効果
※優勝と各賞の重複受賞はなし

競技課題

まつげエクステ規定スタイル

規定のラッシュ、スタイルをモデルに施術し技術力、完成度を競う
対  象:モデル(同伴来場)
競技時間:競技時間40分+準備10分
本  数:80本以上(80本以下で減点、80本以上で加点)
スタイル:長さ右図の通り
ラッシュ:Cカール 0.15mm ブラック

競技規定

まつげエクステ施術写真

【モデル】
モデルはご自身で手配し同伴してご来場ください。(手配依頼不可)
モデルは成人に限ります。(性別不問)
アイシャドウ・マスカラ等のメイクは禁止です。
まつげエクステは競技開始前までに全てオフしておいてください。

【安全衛生】
上まぶた:テーピングをした場合、眼が開いていない
下まぶた:テープ等の側端で眼瞼縁への圧迫や、眼粘膜に接触していない・グルーをテープ等に故意に付着させない
ツィジング:ツイザー先端が皮膚に触れない・ツイザーでまつげを引っ張らない
グルー :グルーを皮膚に落としたまま放置しない

審査員からのアドバイス

コンテスト審査風景

審査項目の中でも、最も点数配分の高い項目がクオリティ、次いでビューティ、ボリュームという順になります。ボリューム点は加点方式なのに対し、クオリティ点とビューティ点は減点方式となりますので、ミス装着が増えれば増えるほど点数は低くなってしまいますので、装着本数よりも1本1本正確に装着することを優先すると良いでしょう。

選手ガイド(モデル・マネキン競技規則)

↑ページの上部へ

マネキン部門

マネキン部門概要

マネキン部門とは

まつげエクステコンテスト競技風景 まつげエクステはとても目元という小さなパーツの中で美しさ、女性らしさなど最大限の魅力を引き出す美容法です。目元の印象だけではなく、個性を活かした創造性や提案力など感性と再現性が求められます。お客様が望む以上に、期待以上に満足を超えた感動を与えられる技術には、プロフェッショナルな美容の感性が欠かせません。まつげをただ長くするまつげエクステではなく、技術の価値、満足度を高め、心を動かす感性を磨く、それがマネキン部門の真の目的です。

競技説明

まつげエクステコンテスト作品写真 美的効果は点数配分が高く最も力を入れるべき部分、次いでデザイン性・ユニーク性・表現力です。 "デザイン提案書"の完成度にも最大10点ありますので、手を抜かないよう当日までに完成させてください。また、提案書の内容と作品とのマッチ度合いは「表現力項目」の一つ(最大10点)に反映されます。

審査範囲は目元部分だけでなくお顔全体(頭部や頸部含む)となります。独自のアイデアや技術を盛り込み、創造性のある個性的なデザインを施すこと、また華やかで美しく印象的な作品であることが高得点のポイントとなります。

マネキン競技詳細

マネキン部門の賞と審査項目

まつげエクステコンテスト優勝トロフィー

部 門 優 勝 :下記3項目を含める合計点数の最も高い選手が優勝
テクニック賞:特異的な技術を有する作品
デザイン賞:美容性、世界観のある作品
ユニーク賞: 独自性があり個性豊かな作品
※優勝と各賞の重複受賞はなし
※優勝は各項目の審査員点に加え、会場の来場者投票による特別点等が加算

競技課題

まつげエクステコンテストデザイン提案書

個々のテーマに基づきマネキンにエクステを装着し作品を作り上げる
競技時間:準備時間10分+競技時間50分
ラッシュ:カール・太さ・カラー・長さ何れも自由
使用小物:自由(つけまつげ使用可)
テーマ :自由(個々で設定)
※競技開始10分間はまつげエクステ装着
(但し20本以上装着したら次の作業可能で減点なし)

競技規定

まつげエクステコンテスト施術写真

【マネキン】
マネキンの形状・素材等の指定なし(マネキン・つけまつげの販売はしていません)
作品サイズは横幅60cm、奥行60cm、高さ80cm(デザイン提案書含む)以下
※事前に装飾が施されている場合、その装飾は審査対象外
【NEEC指定つけまつげ】
競技に使用するつけまつげは当日配られた大会指定のものを使用
つけまつげの毛長を5mm程度にカット可能(競技開始前でもOK)
※長さが3mm以下の場合減点あり

審査員からのアドバイス

まつげエクステコンテスト審査員

審査範囲は目元部分だけでなく頭頂部から頸部までです。独自のアイデアや技術を盛り込み、創造性のある個性的な創作で、華やかで美しく印象的な作品であることが高得点のポイントとなります。また、デザイン提案書の完成度も審査対象となっていますので、当日までに完成させてください。

選手ガイド(モデル・マネキン競技規則)

↑ページの上部へ

フォト部門

フォト部門概要

フォト部門の目的

まつげエクステコンテストフォト部門作品掲示風景 直感的に「良い」と思える目元の印象の裏には、目の形状やまつ毛の個性など、様々な情報から緻密に計算されたまつ毛の「スタイリング力」、そしてそれを実現する「技術力」が求められます。平面的な写真、決められた構図という制限の中ですが、会場競技とは違って所要時間や審査員による監視などの縛りのない環境だからこそ、真の実力の発揮しやすい部門と言えます。

フォトコンクール説明

まつげエクステコンテストフォト部門作品掲示 フォト部門は「スタイル」種目と「アート」種目の2種目からなり、 一人で複数回エントリーが可能な部門・種目です。
スタイル種目はモデルのまつ毛、まぶた、目のバランス、顔の印象などを総合的に見極め、 モデルに最適なまつげエクステスタイルを提案し完成させるもので、 定められた構図と枚数を撮影した写真や情報で挑みます。
アート部門はまつげエクステの魅力を写真で表現する種目で、 写真1枚だけで勝負、ズームもバストアップから目のアップまで自由に決めることができます。

フォト部門の賞と審査項目

まつげエクステコンテストフォト部門表彰状

各賞
フォト部門優勝:両種目合計点数の最多獲得者
スタイル種目:1~3位・入賞
アート種目:1~3位・入賞
審査項目
基準点:規定通りであるか
作品点:作品の完成度
投票点:人気投票獲得点

スタイル種目詳細

スタイル種目課題

まつげエクステコンテストフォト部門作品例

撮影写真
メイン写真:片目のアップ横長写真2枚(開眼1枚、閉目1枚の計2枚)
サブ写真:片目アップの角度違い横長写真(横向1枚、斜め向2枚の計3枚 ※斜めの角度は自由)
イメージ写真:顔全体等イメージの分かる縦長写真1枚
選手顔写真:バストアップ写真 計7枚提出
その他
タイトル:スタイルを表すタイトルをつけてください(20文字以内)
タイトル説明:スタイリング理由や経緯等の説明(120文字以内)
ラッシュの仕様:長さの配置や太さ、カールを本数等の詳細説明(100文字以内)

スタイル種目規定

まつげエクステコンテストフォト部門撮影例

施術
ラッシュ:黒色 装飾等のないもの(長さ・太さ・本数自由)
装 着 :シングルラッシュによる1by1装着(上下まつげ割合自由)
モデル
モデル:成人の女性に限る
メイク:アイライン・アイブロウ・チーク・リップはナチュラルメイクのみ可
    ファンデーション使用可 アイシャドウ・マスカラ等のメイク禁止
付属物:つけまつげ・カラーコンタクト使用禁止
装飾物:イヤリング・ピアス・ネックレス等の装飾品着用禁止

写真品質
サイズ :L版以上
画素数 :300dpi以上
縦横比率:2 : 3又は3.5 : 5(L版と同比率)
加工処理:サイズ加工可 合成加工禁止 肌等の簡単な修正処理可
     まつ毛部分の修正や加工禁止
入稿方法は選手ガイドをご確認下さい。(印刷したものでの提出不可)

アート種目詳細

アート種目課題

まつげエクステコンテストフォト部門写真例

撮影写真
構 図:自由
ズーム:バストアップ~目元アップ
枚 数:1枚 (縦長、横長いずれも可)
選手顔写真:バストアップ写真 計2枚提出
その他
タイトル:スタイルを表すタイトルをつけてください(20文字以内)
タイトル説明:スタイリング理由や経緯等の説明(120文字以内)
ラッシュの仕様:長さの配置や太さ、カールを本数等の詳細説明(100文字以内)

アート種目規定

まつげエクステコンテストフォト部門写真例

写真品質
サイズ :L版以上
画素数 :300dpi以上
縦横比率:3 : 2又は3.5 : 5(L版と同比率)
加工処理:サイズ加工可 合成加工禁止 肌等の簡単な修正処理可
     まつ毛部分の修正や加工禁止
モデル
モデル:成人1名
その他:ラッシュ・メイク・付属物・装飾物等全て自由

選手ガイド(フォト部門入稿手順)

↑ページの上部へ

規 約

エントリー申し込みの前に必ずお読みいただき、同意の上でお申込ください

出場規約

1.本大会の目的はまつげエクステの施術者が互いに競い合い全体的な技術向上と安全性向上を図ることにあります。

2.主催者が取得した個人情報はまつげエクステに関するイベントの開催及び運営にのみ利用し許可なく第三者に提供しません。

3.各出場者は事前の申込みのあった各部門1回限りマネキンまたは当該出場者の同伴者に対して施術を行うこととします。

4.主催者の許可なく大会当日に会場内または周辺でまつげエクステの施術を行うことを禁じます。

5.フォト作品は主催者に提供することとし、当該作品に関する一切の権利は主催者に帰属します。

6.フォト作品の提出者は、当該作品が第三者の著作権及び肖像権を侵害しないことを保証し、当該作品の二次的利用を含む全ての著作権を主催者に譲渡し、当該作品に関する著作人格権を行使しないものとします。

7.会場内での写真撮影、映像記録及びその公開は自由とし、出場者、モデル及び来場者はこれに同意したものとみなします。

8.日本国内でまつげエクステを業として行う場合は,美容師免許が必要となります。

9.事故防止その他法的トラブルへの対応は各出場者が自己責任で行うこととし、主催者及び実行委員会は一切責任を負いません。

申込規約

1.ご入金後のキャンセルはできず棄権扱いとなります。但し開催10日前までなら選手変更は可能です。

2.選手名、受賞内容等はホームページ等で公開いたします。

↑ページの上部へ

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP